依頼主によって異なる記事作成の報酬例

 

記事作成」という仕事を知っていますか?
私は、つい最近まで、この仕事を知らなかったんです。
でも、自宅で効率よくお金を稼ぐ方法がないか、って考えて、ネットで探していた時に、見つけたんですよね。
パソコンを使って、依頼されたテーマに対しての記事を書く、という事なんですが、慣れてくるとかなり楽しいと、思えます。

 

実際、自宅で出来る在宅の仕事、というと、アフィリエイトだったり、商品モニターやアンケートモニターというものが頭に浮かんでくると思うんですよ。
私自身も、そういうものが頭に浮かんできました。
だけど、記事作成を行なうようになってから、記事作成が自宅で出来る仕事の一つとして、浮かんでくるようになったんですよね。

 

この記事作成で、儲ける事が出来る金額もそれなりなんですよ。
モニターの仕事がけっこう儲かる、というのは、有名な話だと思います。
私自身、モニターの仕事をやった事があるんですが、そのときも1回の報酬がよければ、たった数回仕事をするだけで1万円近く稼げた事があります。

 

それよりも稼ぎにくいかもしれませんが、記事作成を行なうと、1記事これだけ、って決まった金額を、書いた記事数分もらえるんです。
以前、やっていたサイトを通じて行う記事作成の場合は、500文字の記事を1記事書いたら、45円が報酬として発生していました。
記事の内容とか、文字数によって、金額は左右されていましたが、だいたい500文字が45円で計算されていたみたいです。

 

その後、「SOHO」という在宅仕事を紹介しているサイトで見つけた会社での記事作成を行っていました。
その記事作成は、1記事あたりの設定はそんなに高くなかったです。
でも、ブログ記事のような記事を150記事と、決まったテーマがある記事を200記事。
合計350記事を書くだけで、私は3万円以上もらうことが出来ていました。

 

その他にも、急に1000文字の記事を書いて欲しいという個別のオファーがあったりと、お金を稼ぐことが出来ています。

 

記事作成じゃなくても、これからも、たくさんお金になる在宅仕事をしていきたいと、考えています。
頑張って、高報酬という形で結果が出てくれたら、嬉しいですね。
もちろん、報酬だけが全てではないんですが、目に見える形で実感できたほうが嬉しい、という事です。
なので、結果が分からなくても、頑張れると思いますが、毎月結果が出てくれたら嬉しいな、なんて思います。
だから、これからもちょっとずつ頑張っていこうかと思います。