記事作成の仕組みと私の収入実績~月収3万円

 

私は今、とあるサイトで、「記事作成」というものを行なっています。

 

以前、私はネットで仕事を請ける事が出来るとあるサイトを利用していました。
そこで見つけた、記事作成の仕事を1年ほど前まで続けていたんです。
パートタイムでの仕事を行ないながら、記事作成をしているということを伝えてはいたので、そんなに多い記事数ではなかったんですよね。

 

元々、開いた時間を利用して、できる在宅仕事を探していて、利用していたサイトを見つけたんです。
そして、そのサイトを利用していくうちに、記事作成の仕事を見つけたんですよ。
最初は、1月で150記事程度を毎月書くだけだったので、始めてみたんです。
面接に受かって、正式に記事を書いていくことになったんですよね。

 

そして、行なっていたんですが、ある日、200記事くらい記事数を増やしてもいいかって聞かれたんですよ。
だから、「今の感覚なら350記事くらいまでだったら、平気だな」と思ったこともあり、350記事に増えたんです。
でも、パートでの仕事なども忙しくなってきた事があり、毎月350記事を書くということが難しくなってきたんですよね。
だけど、続けられるだけ続けようと思って、続けていました。
ですが、なかなか続けようと思っても、続ける事が出来るものじゃなかったんですよ。
仕方なく、その記事作成はやめる事にして、やめちゃいました。

 

でも、やめてからしばらくすると、また時間が出来てきたんですよね。
そして、良い内職ないかと、再び探していた時に、今やっている記事作成のサイトを見つけたんです。
この記事作成と、昔やっていた記事作成の違いというと、自分と書いた記事を受け取る会社の間に、第3者が入っているということですね。
その第3者の仲介者がサイトを運営している人です。

 

今やっている記事作成の構造を説明すると、まず記事作成のサイトが存在しますよね。
で、そこに登録している会員が100人なら100人、1000人なら1000人いるとします。
その人たちに記事を書いてもらうには、まず記事作成のサイトに依頼をします。
そして、依頼を受けた記事作成のサイトに、お金が振り込まれたら、会員お記事作成が始まるんです。

 

つまり、記事を書く私たちからすると、面倒なことが一切ないので、気軽に続けられるんです。

 

この記事作成のおかげで、私は毎月3万円近くは稼げてます。
パートと並行する事で、自分の欲しいものも購入できて、本当に記事作成って良いな、って思ってます。