紆余曲折の末に辿り着いた最高の在宅ワーク~携帯記事作成

私には今、「楽しみながらお小遣いを稼ぐ有力な方法」が一つありますが、それに至る経緯を含めて書かせて頂きます。

自営業的指向の強い私は、契約社員として働きながら自宅で出来るビジネスを模索してきましたが、なかなか生活を懸け独立出来るビジネスを確立出来ず、最近は、まずお小遣い程度を安定して得られないか、に方向を変えています。

 

インターネットなどを見ますと《在宅でお小遣い稼ぎ》・《自宅で何もしなくても数万円!》などという怪しげな情報が氾濫しています。
このような情報も、高価なものから廉価なものまで購入し実践してみましたが、最終的には詐欺的内容がほとんどでした。

 

パソコンや携帯電話での「アフィリエイト」は比較的一生懸命取り組んだほうです。

しかしアフィリエイトサイトの作成は割りと早く出来るのですが、ご多分に漏れず、そのサイトのPRがうまく行かず、安定してお小遣いを稼ぐには至りませんでした。
要するに、ダウン作成がヘタなのです。

 

クリックで稼ぐ「ポイントサイト」にも挑戦しました。1クリック10銭とか20銭というクリックを『やればやっただけ収入になる。』と気合いを入れてカチカチやり続けました。
しかし・・・、単価が10銭20銭なので労力に対する実益が少な過ぎ長続きしませんでした。
実はポイントサイトでもアフィリエイトを採用しているところがほとんどで、数段下のダウンのクリックが収益につながるようになっているので、ダウンメイクがヘタな人間には不向きだと言わざるを得ません。

 

パソコンでの文章募集に応募したこともありました。

しかし、パソコン前に居る時間がない日も多く、まとまったお小遣いにはなりませんでした。
競馬にも手を出したこともありましたが、マイナスばかりでした。

 

夜勤の会社勤めをしながらこのようなことをしていると、ある日ちょっとしたパニックになりました。

パソコン、携帯ともに処理しきれないメールで一杯になりました。
そこで全ての作業を一時停止し、じっくり考えてみました。

 

おまえはいったい、本当は何をやりたいんだい?

 

基本として考えたのは、アフィリエイトのようにうまく行き始めると後は比較的楽を出来る「成果型ビジネス」か、それとも、やったらやった分だけの報酬がある「業務型ビジネス」か、これのどちらをしたいのかよく考えました。

結果は業務型を選びました。

ダウンメイク技術がないこともありましたが、性格的に業務型に向いていると自分では思っています。

 

さて、それでは具体的に何に取り組もうか、考えました。

それまで業務型として実行していたのはポイントサイトでのクリックでしたが、これは単価が低すぎてやる気がしませんでした。

 

文章を書くことが好きだったので、パソコンでの記事作成に取り組んでみようと思いました。

これなら1記事50円程度の業務型で書けば書くほどお小遣いになります。

 

方針も具体的課題も決まり早速取り組み始めました。
パソコンでは、記事を募集しているサイト二つに登録しました。

募集記事で書けそうなものをいくつか見つけました。

よし、やるぞ!もうこれしかない!』と気合いを入れ直しました。

 

しかし、やはり思ったほど進まないのです。

夜勤ばかりで昼間寝なければならない生活の中で、少しでも文章を作成するまとまった時間を確保するのは容易ではなかったのです。

 

やっぱり、これも思った通り行かないもんだ。

 

と自暴自棄的になっていた時、携帯で記事作成が出来るサイト、「」、と出会いました。

 

携帯なら昼間でなくてもいい。会社の休み時間でも出来る。

 

そう思いすぐに登録し、記事作成に参加しました。
これは全く期待通りに記事が書けています。
単価は50円前後を中心にいろいろですが完全な業務型お小遣い稼ぎです。

 

以上のように私は、携帯による記事作成で、どこに居てもお小遣い稼ぎをしています。