記事作成の在宅アルバイトで効率よく稼ぐノウハウ

 

私は、昼から夜にかけて、パートではありますが、仕事をしています。
ですが、それだけでは心配な部分があるので、仕事がない時間は、よく「記事作成」を行っています。

 

副収入を稼ぐためだけに、始めたお小遣いサイトがあったんです。
でも、お小遣いサイトでは、思うようにお金がたまらなかったんですよね。
だけど、私が利用していたお小遣いサイトの他の会員がオススメしていた記事作成のサイトがあったので、
効率よく副収入が得られるのなら、と思い、登録してみたんです。

 

それから、私はほぼ毎日、記事作成を行っています。
最初は、1日で1記事を書いていたんです。
でも、1記事でだいたい50円ほどのサイトだったので、なかなかたまらなかったんですよね。
なので、目標は500円以上の、約10記事にしたんです。
そして、記事を書き始めました。

 

最初は、なかなか目標を達成する事が出来なかったんですよ。
でも、ある日、気づいたんです。
記事作成のコツというか、抑えておくべきポイントがあるということに、気づいたんです。
そのポイントというのは、作成する記事についてです。

 

私が利用しているサイトでは、他の会員と記事の取り合いをする、というわけではないんですが、
依頼してきた人が欲しい記事数を早いもの勝ちで、書いていくんです。
そして、定員になった場合、そこで終了なんですが、その書く記事にポイントがあると、私は思ったんです。

 

みんな、自分が書きやすい記事をどんどん書いていくんですよ。
だから、私自身もそういう記事を書くのが良いと思って、書いていましたし、実際そうやって記事を書いていっても良いと思います。
だけど、ちょっと調べれば、すぐに分かることなので、調べてから書いたほうが良いような気がしたんですよね。

 

理由は簡単です。
調べて、覚えた情報があるとします。
その中から、いくつかパターンを用意して、内容が似たり寄ったりにならないように記事を書けば、いいんだと思ったんです。
そのほうが、書きたい記事を書いていたのにも関わらず、定員になって、10記事に満たないところで終わってしまうと、また新たな記事のテーマを選び、調べてから、記事を書く事になってしまったりします。
でも、最初から人気がなさそうなほうを選んで、調べてから、記事を書き始めたほうが良いと思いました。

 

実際、そういう風な書き方に変えてから、効率よく記事を作成していくことが出来るようになったと思います。
なので、これからも、どんどん記事作成をしていきたいと思っています。