それぞれ特徴があるクラウドとモッピーワークス

げん玉クラウドとモッピーワークスは基本的には同じような流れで収入を得る事ができます。
注意事項やキーワードに合った内容で記事を作成し、それを送信して承認されれば、ポイントが入ります。

そのポイントを貯めて、ある程度貯まったら換金し、収入を得ることができます。

 

ただシステムなどにそれぞれ違いがあるため、自分のライフスタイルに合ったサービスを選ぶのが大切です。

 

げん玉クラウド

 

げん玉クラウドの記事作成の画面では、必要キーワードをカウントする機能が搭載されていたり、ワンクリックでキーワードが簡単に文章に挿入できる機能が導入されているので、初心者にとってはやりやすい環境になっています。

初めてライターとして作業する方にとっては、クラウドがいいかもしれません。

 

初めてだと、どうしても3回挿入する必要があるキーワードを忘れたりすることが多いので、こうした機能はとても便利で助かります。

ただ、クラウドの記事作成案件には、少し専門的なものが多いイメージがあります。

 

慣れてくると、それほど気にならなくなりますが、初めてだと記事を作成し終わるまでに、かなり時間がかかるかもしれません。

平均単価は1文字=0.1円~0.2円となっています。

 

モッピーワークス

 

モッピーワークスは、200文字程度の記事作成が多く、25円程度稼ぐことができます。

主婦の方でも子育ての合間の時間で気軽に作業できる案件が多いです。

 

短時間でも少しずつポイントを貯めやすい案件が多いので、長時間の作業が難しい方に最適です。

また、何といってもモッピーワークスの入金スピードです。

 

平均2、3日で入金してもらえるため、すぐに入用な場合には大変便利です。